鍋やフライパンの選び方

この記事をシェアする

大事に使えば一生もの

鉄やアルミなど、金属をそのまま、コーティングを施していない鍋やフライパンは、「油ならし」や「油返し」といった調理の前のルーティーンを行う必要があったりしますが、正しく使えば一生ものと言われます。
特に鉄製やアルミ製のものは、丈夫で、焦げ付いたりしても、きれいに落として、油で再び被膜を作ってあげることで復活させることもできます。
高温での調理が可能で、熱伝導も良いので、食材を手早く、美味しく仕上げることができます。
これが、プロの料理人に愛されている理由でもあります。
鉄製のお鍋やフライパンは、調理するだけで自然と鉄分を摂取できるというメリットもありますよ。
金属性の物は、IHコンロでは利用できない場合もあるので、購入するときは注意する必要があります。

コーティング系は利便性を重視

金属を基材にして、表面にコーティングをしているフライパンやお鍋は、金属製の物の様に「油ならし」などをする必要はありません。
それどころか油を使わずに調理できる物も多いです。
健康に気を付けている方やダイエットを心がけている方で、調理に油を控えたい方にはもってこいですね。
使った後も、食器洗浄機で洗うこともできるので、手間がかからないのも嬉しいですが、この利便性の理由でまるコーティングは、うっかり空焚きをしてしまったり、金属のフライ返しなどを遣ったりするとはがれてしまうことがあります。
寿命も金属製の物と比べて短く、およそ2年くらいで買い替えの必要が発生するようです。
もちろん、もっと長く愛用している方もいらっしゃいますが、表面の加工が劣化すると身体に悪影響があるという報告も会ったりしますので、定期的に買い替えが必要なようです。