鍋やフライパンには様々な素材が使われています

この記事をシェアする

鉄製の調理器具のお手入れ

鉄製の鍋やフライパンを手に入れたら、まずやることは「油ならし」です。
鉄の表面に被膜を作り、焦げや錆を突きにくくするという大切な工程です。
まず、洗剤を使ってよく洗い、水気をふき取ったら、油を内側全体に塗り、強火で加熱、
水蒸気が上がらなくなったら火を止め冷まします。
余分が油を捨て、内側に改めて油をひき、野菜くずを炒めたり、水をはって煮たりすることで鉄臭さを除去します。
そのあとは洗剤を使わずにお湯で洗ってしっかりと乾かします。

日頃のお手入れは、使用前の「油返し」が重要です。
火にかけて煙が出る寸前くらいに多めの油を入れてなじませる行為です。
これをすることで、焦げ付きのない快適な鍋、フライパンがキープできます。
そして、使い終わったら、お湯を使って汚れをきれいに落とし、水気を拭き取ったら火にかけて完全に水分を飛ばします。
その後、内側だけでなく取手部分(鉄製の場合)にも油を薄く塗っておくと錆を防げます。

アルミ製の調理器具のお手入れ

軽くて熱伝導の良いアルミの鍋やフライパンは女性を中心に一般家庭でも人気が高まっています。
しかし、焼き物などはくっつきやすいというデメリットもあります。
正しいお手入れで油の幕を作っておくと、このデメリットも解消できるといいます。
まず、購入したアルミ製の器具は、お米のとぎ汁で野菜くずなどと一緒に一度に立たせます。
このことで、アルミを酸やアルカリ性から守れ、黒済みなどを防ぐことができるのです。
そして、使用前には、鉄製の器具と同様に「油ならし」をします。
このひと手間で、アルミのデメリットであるくっつきを防ぐことができます。
使用後は、鉄製のものと違い、食器用洗剤で洗っても大丈夫です。
もし焦げ付いてしまったら、水を入れて軽く沸騰させると取れやすくなります。
冷ましてからタワシでこすってきれいに落としましょう。
この時、金属のタワシは表面を傷つけてしまいますので避けるようにします。